注目のトピック

根管治療

根管治療の成功率は?失敗する場合とその要因を解説します

根管治療 成功率

根管治療は、歯の深部にある神経組織の感染や炎症に対処するための歯科治療法です。しかし、特定の条件下では失敗に至ることもあります。
本記事では、以下の点を中心に根管治療の成功率について解説します。

  • 根管治療とは
  • 根管治療の成功率
  • 根管治療の失敗とその原因

根管治療の成功率について参考にしていただくためにも、ぜひ最後までお読みください。

根管治療とは

根管治療とは

根管治療とはどのような治療ですか?
根管治療は、むし歯や外傷により感染した歯髄(歯の内部組織)を救うための手段です。この治療では、感染した神経や血管を取り除き、歯内の細菌を除去することで、痛みや腫れを抑え、歯を保存します。
根管治療の治療プロセスは、以下のとおりです。

  1. 感染部分の除去
  2. 洗浄・消毒
  3. 根管充填
  4. 補綴物の装着

これにより細菌の再侵入を防ぎ、歯の機能を回復させます。

根管治療は、歯を抜くことなく保存することを目指し、適切に行われた場合、長期的な歯の健康を支える重要な役割を果たします。

どのような歯に対して根管治療が行われますか?
根管治療が求められる状況は、歯の内部に問題が生じたときです。これには歯髄炎、歯髄壊死、そして根尖性歯周炎が含まれます。歯髄、つまり歯の神経がむし歯によって汚染された場合、痛みや腫れが発生し、これが歯髄炎を引き起こします。
歯髄炎は、治療によって回復が見込める可逆性と、そうでない不可逆性の二つに分けられます。不可逆性の場合、感染した歯髄を除去する根管治療が必要です。また、治療されずに放置された歯髄炎は歯髄壊死へと進行し、最終的には根尖性歯周炎、つまり歯の根の先端部分の骨に炎症が広がる状態に至ります。
これらの段階では、細菌感染の拡大を防ぎ、歯を救うために根管治療が不可欠となります。

根管治療の成功率

根管治療の成功率

日本での根管治療の成功率はどれくらいですか?
日本における根管治療の成功率は、東京歯科大学のデータによれば約30~50%とされています。これは、根管治療が再治療に至るケースが半数近くあることを示しています。しかし、治療技術の進歩と、成功率を向上させる努力が続けられています。
主に、ラバーダム防湿法やマイクロスコープの使用など、細菌感染を防ぎ、治療精度を高める先進的な方法が導入されています。
これらの技術を駆使した根管治療は、国際的にも高い水準にあると評価されており、海外では一般的な治療法となっています。
ただし、日本ではこれらの技術が保険診療で広く取り入れられているわけではないため、交通の便や費用の面で課題が残ります。
根管治療が難しい理由を教えてください
根管治療は、歯科医療の中でも高度な技術を要する治療法です。
根管治療は、むし歯や外傷によって感染した歯髄(神経と血管)を取り除き、その後の再感染を防ぐために根管内を清掃し、消毒してから封鎖します。
根管治療の難しさは、主に以下の点に起因します。

  • 無菌状態の維持が難しい:
    口内は多種多様な細菌で満たされており、根管治療中にこれらの細菌が治療部位に侵入するのを防ぐ必要があります。無菌状態を保つことは、極めて高い技術と注意を要します。
  • 病巣の特定が困難:
    根管は細かく複雑な構造をしており、肉眼では確認できない場合が多く、顕微鏡や特殊な画像診断機器を用いても、病巣を見落とすリスクがあります。
  • 根管の形状が多様:
    根管の形状は人それぞれで、場合によっては微細で複雑な形状をしています。これらの根管を隅々まで清掃し、適切に封鎖することは、高度な技術を要する作業です。
  • 治療過程での誤り:
    歯髄を適切に除去しきれなかったり、根管内部を十分に広げられなかったり、充填材の隙間から細菌が侵入したりすると、治療は失敗に終わります。これらのミスは、再治療の必要性を高め、治療の成功率を下げる原因となります。

以上の理由から、根管治療は難易度が高く、成功させるためには、ラバーダムやマイクロスコープといった設備と、歯科医師の熟練した技術と経験が不可欠です。
患者さん側からできることは限られており、適切な歯科医選びと治療への理解が重要になります。

根管治療の成功率を高める方法を教えてください
根管治療の成功率を高めるには、先端技術と正確な治療手法の適用が不可欠です。
具体的には、CT撮影を用いた詳細な三次元診断と、マイクロスコープを活用した精密治療が根管内の感染源を正確に除去し、治療の質を向上させます。
加えて、ラバーダム防湿法による再感染防止、ニッケルチタンファイルを使用した効率的な感染部位の除去、そして高濃度次亜塩素酸水やEDTAによる洗浄・消毒、MTAセメントでの根管封鎖が重要な役割を果たします。これらの方法を組み合わせることで、根管治療の成功率の向上につながり、再治療のリスクを抑えられます。
また、治療後の被せ物の精度も成功率に影響するため、質の良い被せ物の選択が推奨されます。これらの取り組みにより、根管治療の成功率を高めることが可能といわれています。

根管治療の失敗

根管治療の失敗

根管治療の失敗とはどのような状態を指しますか?
根管治療後に見られる失敗の兆候は、主に痛み、腫れ、膿の発生、出来物の形成、そして違和感の5つの症状に分けられます。なかでも、痛みは緊急性が高く、何もしていない状態で発生する場合は、速やかに歯科医院を訪れることが推奨されます。これらの症状は、根管治療が不完全であったり、再度むし歯が発生して細菌感染が起きたりした結果として現れることがあります。細菌感染が原因で、歯を支える骨内に膿やガスが溜まり、激しい痛みを引き起こすことがあります。
また、噛む力が原因で歯にヒビが入ることも痛みの一因となり得ます。これらの症状は根管治療の失敗を示唆している可能性があり、歯科医師による診察が必要です。
根管治療が失敗する理由は何ですか?
根管治療の失敗は、主に無菌的処置原則が守られていないことに起因します。
特に、「ラバーダム防湿処置」の不実施が大きな問題点として挙げられます。統計によると、ラバーダム防湿を施した治療群は、施さない群より成功率が統計学的に高いことが示されています。
しかし、日本では一般歯科医師の中でこの処置を常に行うと回答したのはわずか5.4%程に過ぎません。これは、日本における根管治療の成功率が低い一因とされています。先進国ではラバーダム防湿が根管治療の標準的な処置とされており、成功率を高めるためには、適切な機材の使用や処置の実施が不可欠です。
これらの基本的な手順を踏むことが、根管治療の成功を左右しています。
根管治療の再治療のリスクを減らすためにどのような工夫が必要ですか?
根管治療後の再発防止には、患者さん自身による日々の口腔ケアが不可欠です。
治療が成功しても、その後の適切なケアを怠ると、口内環境が悪化し、むし歯や歯周病の原因となる細菌が増加するリスクがあります。
根管治療を受けた歯は、再感染の可能性を排除するためにも、細心の注意を払う必要があります。日常の歯磨きはもちろん、フロスや歯間ブラシを使用して歯と歯茎の健康を保つことが、根管治療の長期的な成功につながります。
治療を受けたからといって油断せず、口腔ケアの習慣を継続することが、健康な口内環境を維持する鍵です。また、患者さんがアポイント時間を守って通院して頂くことも、根幹治療の再治療のリスクを減らすことにつながります。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで根管治療の成功率について解説してきました。
根管治療の成功率についてまとめると以下の通りです。

  • 根管治療は、むし歯や外傷で感染した歯髄を取り除き、歯を保存する治療法で、歯髄炎や歯髄壊死、根尖性歯周炎などの問題がある歯に対して行われる
  • 日本の根管治療成功率は約30~50%で、技術進歩により向上が見込まれているが、保険適用外になってしまうという課題を抱えている
  • 根管治療失敗の兆候には痛みや腫れがあり、主な原因は無菌処置の不備である場合が多いとされる

根管治療の成功率について、参考になれば幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 根管治療の費用相場はどのくらい?保険診療と自由診療の違いを併せて解説

  2. 根管治療のメリットは?デメリットや根管治療が必要なケース・しない方が良いケースなども解説

  3. 根管治療はどのような手順で行われる?選択肢や治療後の注意点なども解説

RELATED

PAGE TOP