注目のトピック

根管治療

根管治療でリーマーが痛い?原因と対処法について解説!

根管治療 リーマー 痛い

根管治療でリーマーが痛くなることはあるのでしょうか? 本記事では、根管治療の痛みやリーマーについて以下の点を中心にご紹介します!

  • 根管治療に用いられるリーマーとは
  • リーマーが原因で根管治療後に痛みがある場合
  • 根管治療後に痛みが続く場合の対処法

根管治療の痛みやリーマーについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

根管治療について

根管治療について

根管治療とはどのような治療ですか?
根管治療は、虫歯が歯の神経(歯髄)にまで進行した場合に行われる治療法です。根管治療の目的は、虫歯菌に汚染された神経やその他の組織を根管から取り除き、その後洗浄・消毒を行い、根管充填材を詰めて細菌の感染を防ぐことです。これにより、抜歯を避けることができ、自分の歯をできるだけ残すことが可能になります。
根管治療は、神経を抜くことで歯の寿命を短くする可能性もあるため、神経が残せる可能性がある場合は、神経を抜かない選択を提案される場合もあります。 また、根管治療には高度な技術が必要であり、歯科用CTや高倍率ルーペ、ニッケルチタンファイルなどの先進的な機器を使用することで、治療の精度を高め、成功率を向上させる可能性が上がります。
根管治療の流れについて教えてください
根管治療は、虫歯が歯の神経(歯髄)にまで進行した場合に行われる治療で、以下のステップで行います。

1. 汚染物質の除去:最初に、根管内の虫歯菌に汚染された神経や血管などの組織を専用の器具を使って除去します。

2. 根管の長さの測定:歯の根管の長さを正確に測定します。

3. 洗浄・消毒:根管内を洗浄し、消毒して細菌を除去します。

4. 根管充填:洗浄・消毒後、根管内に根管充填材を詰めて細菌の感染を防ぎます。

5. 土台の構築:最後に、治療した歯に被せ物(クラウン)を入れるための土台(コア)を構築します。

根管治療後、痛みはどれくらい続くものですか?
根管治療後に感じる痛みは、個人差がありますが、一般的には治療後2〜3日間は痛みや違和感を感じることが多いです。この痛みは、根尖(歯の根の先端)や歯根膜に機械的刺激が加わることによって生じることがあります。
治療中に麻酔を使用することで、痛みを軽減する可能性があります。しかし、根管治療は非常に繊細な治療であり、治療中に細菌が根の外に出てしまうことで、激痛や腫れ(フレアーアップと呼ばれる)が発生することもあります。このような症状が出た場合、根の中を洗浄し、必要に応じて抗生物質や痛み止めを服用します。
痛みが激しい場合や、1週間以上続く場合は、歯科医院に連絡し、適切な対応を受けることが重要です。また、根管治療は回数や期間がかかることがありますが、治療を中断したり放置すると状態が悪化し、最悪の場合は歯を残せなくなる可能性も出てくるため、必ず最後まで治療を終えることが重要です。

根管治療で用いる機材

根管治療で用いる機材

根管治療に用いる「リーマー」とは何ですか?
「リーマー」とは、根管治療において使用される重要な器具の一つで、根管内側の汚染された歯の組織を除去するために使用される治療器具です。リーマーは、ドリルで開けられた穴の径を広げたり、形状を整えるために用いられます。根管治療では、根管内を清掃し、無菌状態に近づけることが重要であり、リーマーはこのプロセスにおいて不可欠な役割を果たします。
近年では、より精密な治療を実現するために、エンジンリーマーが使用されることもあります。エンジンリーマーはコンピュータ制御により自動で根管を拡大し、歯の根の治療をより正確に行います。このような精密機器の使用により、治療回数を減らし、治療の効率を高めることが可能となりつつあります。
根管治療に用いる「ファイル」とは何ですか?
根管治療において使用される「ファイル」とは、根管内の汚染された歯質や神経を除去し、根管を清掃するための重要な器具です。ファイルは、主にKファイルとHファイル、リーマーの3種類があり、これらは根管の太さを拡大したり形を整えるために使用されます。
Kファイルは、刃がねじれた形をしており、根管拡大や根管形成に使用されます。根管拡大は、根管の太さを広げることを指し、根管形成は、最終的に薬を詰めるために根管内の形を整えることです。Hファイルは、刃の部分がのこぎりのようにギザギザしており、主に根管形成時に使用されます。
一方、リーマーは、根管へ挿入した後に回転させて使用される器具で、Kファイルと同様に刃がねじれた形をしています。リーマーは、根管拡大と根管形成の両方に使用されることが多いです。
ファイルとリーマーは、根管が湾曲している場合には特に注意が必要です。操作中に折れたり、根管に穴を開けてしまうリスクがあるため、熟練した技術が求められます。これらの器具は、根管治療の成功に不可欠であり、適切な使用によって根管の中を清潔に保ち、感染のリスクを減らすためにも重要です。
根管治療に用いられる技術について教えてください
根管治療では高度な技術や機器が活用されています。上述のリーマーとファイル以外の技術について以下に解説します。

  • マイクロスコープを用いた治療:マイクロスコープは歯科用の顕微鏡で、患部を明るく照らしながら約20倍まで拡大します。これにより、1mmにも満たない根管もしっかりと拡大し、目で見ながら治療を行えます。マイクロスコープを使用することで、治療の精度を高め、再発のリスクを抑える可能性が上がります。
  • ニッケルチタンファイルの使用:従来のファイルは強度に欠け、折れやすいという問題がありましたが、ニッケルチタンファイルは柔軟性があり、根管の形に沿って形を変えられます。これにより、精度の高い根管治療が可能となります。
  • ラバーダムの使用:治療中の感染リスクを減らすために、ラバーダムという保護用のゴムを歯にかぶせます。これにより、唾液中の細菌の侵入を防ぎ、感染のリスクを大幅に減らす可能性があります。
  • 歯科用CTの活用:歯科用CTを使用することで、歯や歯茎の状態だけでなく、内部の神経や血管の位置も的確に把握できます。これにより、的確な診断と治療計画を立てることが可能です。

根管治療でリーマーが痛む時の原因と対処法

根管治療でリーマーが痛む時の原因と対処法

根管治療後の痛みの原因がリーマーであるのはどのような時ですか?
リーマーが根管治療後の痛みの原因となるのは、以下のような状況で発生します。

  • リーマーの破折:根管治療中にリーマーが折れてしまい、リーマーの破片が根管内に残ってしまうことがあります。この破折リーマーが根管内に詰まってしまうと、取り出すことが非常に困難になります。リーマーが残っていると、感染の原因となり、痛みや腫れを引き起こすことがあります。
  • 感染の継続:破折リーマーが残ることで、根管内の感染が完全に取り除かれず、痛みや腫れが続くことがあります。また、リーマーが歯根から突き出て周囲の骨を刺激し、痛みを引き起こすこともあります。
  • 治療の困難化:破折リーマーが残ることで、根管治療がさらに複雑になり、再治療が必要になることがあります。しかし再治療は、根の内部の状態がさらに複雑になっているため、一度目の治療よりも困難になります。
根管治療後に痛みを感じる原因について教えてください
根管治療後は痛みを感じることがあり、その原因は以下のように多岐にわたります。

  • 神経の取り残し:根管治療では、感染した神経をリーマーやファイルといった器具で除去しますが、完全に取り除けなかった場合、残った神経組織が原因で痛みが発生することがあります。
  • 根管充填による圧痛:感染した神経を除去した後、根管の中を密閉するための詰め物(根管充填)を行います。この詰め物が圧迫感を引き起こして、痛みを感じることがあります。
  • 根尖孔の貫通:根管治療の際に根管の長さを見誤り、リーマーやファイルが根管の先(根尖孔)を貫通してしまうことがあります。これにより痛みが発生することがあります。
  • 治療による余韻の痛み:根管治療では神経を切り取る作業を行うため、治療後数日間は根管内部の神経を切り取ったことの余韻で痛みを感じることがあります。
根管治療後に痛みが続く場合の対処法を教えてください
根管治療後に痛みが続く場合、主に以下のような対処法が考えられます。

  • 破折リーマーの除去:破折リーマーが残っているのが原因の場合、歯科医院で取り除いてもらう必要があります。破折リーマーを除去できれば、感染を取り除き、痛みや腫れを解消できる可能性があります。
  • 痛み止めの使用:根管治療後には、痛みが伴います。この痛みは通常、数日間で自然に治まりますが、痛みが強い場合は、市販の痛み止めの薬あるいは歯科医院で処方された鎮痛剤を使用することが推奨されます。
  • 抗生物質の処方:根管治療後に感染が疑われる場合、特に痛みが強いか、腫れや発熱が伴う場合は、抗生物質の処方が必要になることがあります。抗生剤は歯科医院で処方してもらえます。
  • 再治療:根管治療後に痛みが続く場合、治療が不完全であった可能性があります。この場合、再度根管治療を行うことで、痛みの原因となっている問題を解決できる可能性があります。
  • 穴の修復:根管治療中に根尖孔(根の先端)に穴が開いてしまった場合、その穴を専用の材料で修復する必要があります。
  • 患部の清掃と消毒:根管治療後に痛みが続く場合、根管内部に細菌が残っている可能性があります。この場合、根管内部を再度清掃し、消毒することで痛みを軽減できるでしょう。

これらの対処法は、痛みの原因や症状の程度によって異なります。痛みが続く場合は、速やかに歯科医師に相談し、適切な診断と治療を受けることが重要です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで根管治療の痛みやリーマーについてお伝えしてきました。 根管治療の痛みやリーマーの要点をまとめると以下の通りです。

  • 根管治療に用いられるリーマーとは、根管内側の汚染された歯の組織を除去するために使用される治療器具
  • 破折リーマーが根管内に詰まると感染の原因となり、痛みや腫れを引き起こすことがある
  • 根管治療後に痛みが続く場合、速やかに歯科医師に相談し、適切な治療や処方を受けることが重要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. 根管治療の費用相場はどのくらい?保険診療と自由診療の違いを併せて解説

  2. 根管治療のメリットは?デメリットや根管治療が必要なケース・しない方が良いケースなども解説

  3. 根管治療はどのような手順で行われる?選択肢や治療後の注意点なども解説

RELATED

PAGE TOP